ニュージーランドワーキングホリデービザ

ニュージーランドワーキングホリデービザ

代行料金: 10,800円(税込)

お申込み人数: 名様


ニュージーランドワーキングホリデービザ代理申請・ビザ代行お申し込みページ


ニュージーランドワーキングホリデービザイメージ

ニュージーランドのワーキングホリデービザの代理申請・ビザ代行はビザ取得率100%を継続中の当センターへ是非お任せ下さい。日本語での簡単なお手続きでニュージーランドワーキングホリデービザの申請が可能です。

  • 英語力に自信のないお客様
  • 確実にニュージーランドのワーキングホリデービザを取得されたいお客様
  • ご出発日を安心して迎えられたいお客様
は是非当センターのビザ代理申請・ビザ代行サポートをご利用くださいませ。サポート力に自信があります!!



ニュージーランドワーキングホリデービザメニューに戻る




ニュージーランドワーキングホリデービザ代理申請・ビザ代行料金


お一人様一回の代行につき10,800円


のみとなっております。



お支払い方法

お支払は

  • クレジットカード
  • PayPal
  • 銀行振込
からお選びいただけます。詳細はお申込み手続きの流れをご覧ください。


ニュージーランドワーキングホリデービザメニューに戻る




ニュージーランドワーキングホリデービザ申請からビザ取得までの流れ


4Steps

簡単な4つのステップでニュージーランドのワーキングホリデービザ申請が可能です。

Step1 お申込手続きに進む

まずはこのページの「お申込手続きに進む」よりニュージーランドワーキングホリデービザへのお申込み手続きをお申し込みの流れに沿って行なって下さい。

お申込手続き完了と同時に「お申込確認メール」が自動返信されます。速やかに内容をご確認の上、次のステップへお進み下さい。

Step2 胸部レントゲン検査予約とオンライン質問書を作成

まず、ニュージーランド大使館指定病院へ胸部レントゲン検査のための検査予約を事前に電話で行ってください。

受診日が確定しましたら、パスポート番号等をお客様にお知らせ頂く際に作成いただきますオンライン質問書のお手続きをお願いいたします。

オンライン質問書の作成方法のご案内は、お申し込み時に自動送信しております「お申込み確認メール」の中でご案内しております。

検査受診日を考慮に入れビザ代理申請を実施する日にちを当センターにて決定ささせていただきます。(通常検査予定日の2〜3日前にビザ代理申請を実施しております)

Step3 胸部レントゲン検査の実施

ニュージーランド大使館指定病院にて胸部レントゲン検査を受診して頂きます(事前電話予約要)。

ビザ代理申請実施日から起算して15日以内に大使館指定病院がニュージーランド移民局が宛てにお客様の胸部レントゲン検査結果をオンライン上で送信(提出)しないと、ニュージーランド移民局ではビザ申請を不許可とするルールがありますためご注意ください。

ビザ代理申請実施後に、検査当日の持参物・注意事項、検査日当日(または後日)に指定病院から受け取っていただく書類、検査終了後のお手続き方法について、その詳細をご案内させていただきます。

Step4 許可通知のご案内

当センターよりビザ許可通知書をお客様へ電子メールで送信させていただきます。ビザが正しい内容で許可されていることを、お客さまご自身で必ずご確認下さい。

間違いなければ後はご出発するのみとなります。お気をつけて行ってらっしゃいませ。


ニュージーランドワーキングホリデービザメニューに戻る




ニュージーランドワーキングホリデービザ代理申請・ビザ代行にかかる一般的な日数


ニュージーランド大使館指定病院での検査受診が必要となりますので、その手続き期間を含めて

2〜3週間程度



場合によっては更なる時間がかかる場合もございますので、ご渡航がきまりましたらお早めにニュージーランドワーキングホリデービザ代理申請・ビザ代行サポートにお申込みくださいませ。


ニュージーランドワーキングホリデービザメニューに戻る




ニュージーランドワーキングホリデービザ代行お申込み対象者


お申込み対象者

  • 日本国籍を持つビザ申請時に18才から30才の独身者又は子供を同伴しない既婚者
    ビザ申請時に30歳以下であれば、ビザが許可される時点及びニュージーランド入国時に31歳になっていても大丈夫です。

  • ニュージーランド国外からビザ申請されるお客様

  • 休暇を過ごすことが主な目的で渡航を希望される方
    (就労、就学は付随的な目的であること)

  • ニュージーランドでの滞在を終え出国する日から3ヵ月以上の残存有効期間のあるパスポートを所持している方

  • 健康かつ犯罪歴がない方

  • 国を問わず国外退去(追放)処分を過去に受けたことがない方

  • 過去にニュージーランドのワーキングホリデービザを取得していない方

  • ニュージーランドでのワーキングホリデー滞在を終え、ニュージーランドから出国する日から起算し3ヵ月以上の残存有効期間のあるパスポートを所持している方。残存が足りない方はパスポートの取り直しをしてからビザ代理申請にお申込みください。

  • ニュージーランドから出国する為の航空券を入国時に所持しているか、または航空券を購入できるだけの資金を所持している方

  • 最低生活資金としてNZ$4,200以上所持している方
    (入国時にNZ$4,200以上の証明と航空券をニュージーランド入国後に購入する場合にはその購入に際して十分な資金があることの証明として英文残高証明書を必ず持参すること)


ニュージーランドワーキングホリデービザメニューに戻る




ニュージーランドワーキングホリデービザの有効期限


ビザ発行日から12ヵ月間有効


ニュージーランドイメージ
ビザの有効期間内に一度ニュージーランドへ入国しないとビザは失効します。

ニュージーランドのワーキングホリデービザは一生に一回のみしか許可されませんので十分ご注意ください。




ニュージーランドワーキングホリデービザメニューに戻る




ニュージーランド滞在可能期間


ニュージーランドに最初に入国した日から12ヵ月間滞在可能


滞在途中でニュージーランドから一時出国した場合も、滞在許可期限は最初に入国 した日から12ヵ月までとなります。一時出国していた期間分の滞在延長は不可。

ニュージーランド国内にてワーキングホリデーを申請しビザが発給された場合、ビザが発給された日から1年間の滞在が可能となります。


ニュージーランドワーキングホリデービザメニューに戻る




ニュージーランドワーキングホリデービザの条件


ビザの条件

  • 就学(通学)は通算して6ヵ月まで可能。同時に複数コースの受講も可能。

  • 就労(仕事)は期間を問わず可能。但し永久雇用(終身雇用制)についてはならない。

    (*注)同一雇用主の元で3ヵ月までしか働いてはならないというルールは2010年3月29日に廃止されました。


ニュージーランドワーキングホリデービザメニューに戻る




その他注意事項


注意事項

  • 医療保険の加入は強制ではありませんが、医療費の大部分が自己負担となるので事前に保険に加入されることを在東京ニュージーランド大使館では強くお勧めしております。

  • 片道航空券での渡航も可能。入国時には当面の滞在資金及び帰りの航空券代を所持していることを入国時に立証しなければなりません。現金、トラベラーズチェック、英文残高証明書のいずれかを持参していただきます。




ニュージーランドワーキングホリデービザメニューに戻る




Facebookコメント

ビザに関する様々なご質問やご相談も、随時無料で受け付けております。また企業様、団体様等での一括お申込みに関しましてもお気軽にご相談下さい。