アメリカの査証免除プログラムの改訂情報 続報について

米国の国土安全保障省(DHS)がビザ免除プログラムでの更なる渡航制限を発表 (2016年2月18日)

2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリアの4ヵ国に加えて新たにリビア、ソマリア、イエメンの3ヵ国への渡航歴がある方はビザ免除プログラムを使って米国へ渡航いただくことができなくなりました。2011年3月11日以降に上記7ヵ国への渡航歴がある方は時間に十分余裕を持って米国大使館(総領事館)宛てにビザ申請を行い、ビザ取得後に渡航いただくこととなります。