アメリカ 観光 ビザ・商用 ビザ B-1 B-2ビザ申請手続きサポート代行

アメリカ 観光 ビザ・商用 ビザ B-1 B-2ビザ申請手続きサポート代行

代行料金: 21,600円(税込)

お申込み人数: 名様
ビザ申請時の不安

アメリカ 観光ビザ・商用ビザ申請 に際して

準備して、 どのような 手続き

をすればいいのか、分からずに

お困り ではありませんか?



eVisaセンターでは、お客様の不安や疑問を
ひとつずつ丁寧に解決させていただきます。




当センターでお客様に提供させていただくサービスは:
  • お手頃料金21,600円でアメリカビザ申請サポートをご利用いただけます。他社と比べても大変お得な料金設定です。
  • ビザ申請の為にご準備いただく必要書類のご案内を、お客様個々の状況に応じてご案内します。
  • オンラインビザ申請書DS-160をお客様に代わって代理作成し、大使館(総領事館)へ提出します。
  • 大使館(総領事館)へ提出するデジタル画像の加工処理を行わせて頂きます。
  • 大使館(総領事館)での領事面接の予約をお客様に代わって代理取得させて頂きます。
  • 大使館(総領事館)へ支払うビザ申請料金の代理支払いをさせて頂きます。
  • 大使館(総領事館)面接時の注意事項をご案内いたします。
  • 何回でも納得いくまでお問い合わせ・ご相談を承ります。

安心のビザ代行
お客様ご自身で行なっていただくお手続きは:
  • お申込み手続き後に当センター規定のオンライン質問書の日本語での作成(この情報を元にご用意いただく必要書類を決定します)をお願いいたします。
  • 当センターからご案内させて頂きます必要書類の準備手配を行っていただきます。
  • 大使館(総領事館)へ支払うビザ申請料金を当センター指定銀行口座へのお振込みをお願いいたします。(カード決済も可)
  • 大使館(総領事館)にて領事による面接を受けていただきます。





アメリカ観光ビザ・短期商用ビザ B-1 B-2ビザ代行お申込ページ


アメリカイメージ
  • アメリカへ観光又は短期商用目的で、渡航される際にビザ取得が必要なお客様がご利用いただけるアメリカ観光・短期商用・B-1 B-2ビザ申請手続きサポートとなります。

  • 中国人、ブラジル人、フィリピン人、イラン人、インド人、インドネシア人、タイ人等で日本のビザ(在留資格)を所持し、日本に居住地を構えている方のためのアメリカビザ申請手続き代行サポートもこちらからのお申込みとなります。

  • ESTA(エスタ)申請が不許可となった方もご利用いただけます。


その他のアメリカビザ代理申請代行サービスをご希望のお客様は下記リンクをクリックして下さい。



アメリカ観光ビザ・短期商用ビザ B-1 B-2ビザとは


B-1ビザとは
B-1ビザ説明
アメリカ国内で給与、収入、報酬を得ない商用活動をする際に取得するアメリカ商用ビザ。ビジネス商談、ミーティング、会議出席、視察、市場調査が該当。





B-2ビザとは
B-2ビザ説明
短期観光()を目的に渡米する旅行者が取得するアメリカ観光ビザ。

()B-2ビザに含まれる目的は下記の通りとなります。
  • 観光
  • 友人・親族の訪問
  • アメリカ国内において治療を受ける目的
  • 友好または社交団体などの会議および集会への参加
  • 音楽・スポーツなどのイベントへのアマチュア参加

ただし多くの場合、90日以下の渡航であれば、日本人、韓国人、2008年12月29日以降に台湾外務省が発行した機械読み取り式のICチップが搭載されたパスポートでPersonal Identification Numberが記載されている台湾パスポートを所持する渡航者はB-1 B-2 ビザの取得は必要なく、ビザ免除プログラムを利用してビザなしで渡米することができますが、ESTA電子渡航認証を事前に申請し許可を得ていなければなりません。




アメリカ観光ビザ・短期商用ビザ B-1 B-2ビザ申請代行料金



お一人様1回の代行につき21,600円となります。

アメリカイメージ
お支払いいただくビザ申請手続きサポート代行料金にはアメリカ大使館(又はアメリカ総領事館)へ支払うビザ申請料金は含まれておりません。別途それぞれお支払いただきます。

アメリカ大使館(またはアメリカ総領事館)へ支払うビザ申請料金は当センターへお支払いいただき、お客様に代わって代理支払いをさせていただきます。お支払い方法の詳細についてはビザ代行サポートへのお申込み後にご案内させていただきます。

お支払いいただくビザ申請手続きサポート料金に含まれるサービス内容はお支払いいただくビザ申請手続きサポート料金に含まれるサービス内容(アメリカビザ編)をご参照ください。




決済方法
お支払いは
  • クレジットカード
  • PayPal
  • 銀行振込
からお選びいただけます。

詳細はお申込み手続きの流れをご覧ください。





アメリカ観光ビザ・商用ビザB-1 B-2 ビザ申請手続きサポートの流れ



チェック1 メール

まずはこのページの「お申込手続きに進む」よりアメリカ観光ビザ・商用ビザB-1 B-2 ビザ代行へのお申込み手続きをお申し込みの流れに沿って行なって下さい。
お申込手続き完了と同時に
「お申込確認メール」が自動返信されます。
速やかに内容をご確認の上、次のステップへお進み下さい。

チェック2 オンライン申請書作成風景

当センター規定の「オンライン質問書」を日本語で作成していただきます。
  • オンライン質問書の作成方法のご案内は、お申し込み時に自動送信しております『お申込み確認メール』の中でご案内しております。

チェック3 書類

アメリカ観光ビザ・商用ビザ B-1 B-2ビザ申請の為にご用意いただく必要書類の準備手配頂きます。

※詳しくは下記のアメリカ観光ビザ・商用ビザB-1 B-2ビザ申請のための必要書類をご参照下さい。

チェック4
支払い
アメリカ大使館(アメリカ総領事館)へ支払うビザ申請料金を当センター宛てに
  • 銀行振込
  • クレジットカード決済
  • PayPal
のいずれかでお支払いいただきます。
当センターが大使館(総領事館)宛てに代理支払いをさせていただきます。



チェック5

アメリカ大使館(アメリカ総領事館)にて領事面接を受けて頂きます。




チェック6 パスポート

ビザが貼られたパスポートがお客様宛てに大使館より届きます。




チェック7 バッグ

あとは、ご出発するのみとなります。お気をつけて行ってらっしゃいませ。

※上記はおおまかな流れのご案内となります。場合によってはビザ申請が不許可となることもございます。





アメリカ観光ビザ・短期商用ビザ B-1 B-2ビザお申込み対象者



アメリカ観光ビザ・短期商用ビザ B-1 B-2ビザお申込み対象者は下記いずれかに該当する方となります。
  • ESTA申請が不許可となりビザ申請が必要となったお客様

  • 中国人、台湾人、フィリピン人、インド人、インドネシア人、フィリピン人、ブラジル人等、査証免除プログラム対象外の国籍のお客様でアメリカビザ(観光ビザB-2または商用ビザB-1)の申請が必要なお客様

  • 査証免除プログラムを利用出来ない91日以上の一時滞在を希望される方

尚、アメリカでの不法就労歴がある方、アメリカでオーバーステイしたことがある方、アメリカのビザ申請が不許可となった事がある方、逮捕歴がある方・前科者・犯罪歴がある方・有罪判決を受けたことがある方は犯罪歴・前科・逮捕歴・オーバーステイ歴・入国拒否歴・ビザ申請不許可歴のある方用 アメリカ観光ビザ・商用ビザ B-1 B-2ビザ申請手続き代行サポートからお申込み手続きをお願いいたします。




アメリカ観光ビザ・短期商用ビザ B-1 B-2ビザ申請のための必要書類



必要書類の詳細はビザ代理申請お申し込み後にお客様に作成いただきます『オンライン質問書』の内容を確認後に、お客様に最も適したビザ申請のための必要書類をご案内させていただきます。下記は一般的に必要書類となります。
  • 滞在期間プラス6ヵ月以上の有効残存期間のあるパスポート 国籍によっては滞在期間のみのパスポート残存期間があれば申請できる場合もあります。
    日本、韓国の場合には滞在期間分の有効残存期間があるパスポートで申請が可能です。
    中国人のお客様は滞在期間プラス6ヵ月以上の有効残存期間のあるパスポートが必要となります。
  • パスポートサイズのデジタル画像 メガネ着用不可。
  • 上記デジタル画像を印刷した写真1枚 (5×5cm)
  • 財政確認書類
  • 身元確認書類
  • その他

外国人の方は下記書類も必要となります。
  • 在留カードのコピー両面
  • 日本国内に居住している家族全員分のパスポート原本

英語でない書類は英訳が必要となります。また上記以外に追加書類などの請求を受ける場合もございます。




アメリカ観光ビザ・短期商用ビザ B-1 B-2ビザ申請にかかる一般的日数



1ヵ月半から2ヵ月程度

(場合によっては更なる時間がかかる場合もありますので十分時間に余裕を持ってビザ申請サポートへのお申込みをお願いいたします。)

アメリカビザ申請に際してはアメリカ大使館(またはアメリカ総領事館)へ出向き、領事面接を受けていただくこととなります。


※但し国籍を問わず13才以下または80才以上の方、ブラジルパスポート所持者で日本に長期滞在・永住している14歳から15歳の方、及び 66歳から79歳 の方は領事面接の免除処置を受けられます。該当される方のビザ申請は郵送で行うことができます。

大使館面接予約の流れ

アメリカ大使館(またはアメリカ総領事館)での面接予約の取得は、
  1. オンラインビザ申請書DS-160をオンライン上でアメリカ大使館へ提出。(当センターがお客様に代わって代理作成をします)

  2. ビザ申請料金をアメリカ大使館宛てに支払い。(当センターがお客様に代わって代理支払いをします)

  3. お客様にご用意いただきますアメリカビザ申請のための必要書類一式がお客様のお手元に揃う日にちが確定する。

※3のお客様にご用意いただきますアメリカビザ申請のための必要書類一式がお客様のお手元に揃う日にちが確定してからでないと面接予約の取得が出来ないことになっております。
また事前に面接日の空き状況をアメリカ大使館ホームページ上で確認できるシステムがないため、事前に面接日の空き状況を確認・ご案内することもできません。


そのため、いかに早くアメリカビザ申請のための必要書類一式をご用意いただけるかにより、面接予約を早く取れるかどうかが大幅に変わってまいります。

アメリカビザ申請のためにご用意いただきます必要書類のご案内は、当センターへビザ申請サポート料金をお支払いいただき、お申込み後にお客様に作成いただきます『オンライン質問書』の内容を当センターにて精査させていただきました後に、お客様に最も適したアメリカビザ申請のためにご用意いただく必要書類をご案内させていただきます。

また多数のアメリカビザ申請者が面接予約を希望しているため、面接予約の取得が大変難しくなっております。お客様が希望される面接日時に予約取得ができる保証が一切ありませんことを、ご承知おきの上アメリカビザ申請サポートをご利用くださいませ。

※航空券等の手配はアメリカビザが発給されたことを確認してから手配いただきますようお願いいたします。




アメリカ 観光 ビザ・商用 ビザ B-1 B-2ビザ申請手続きサポート代行

代行料金: 21,600円(税込)

お申込み人数: 名様

Facebookコメント