ESTA 申請取得代行登録 エスタ申請 USA [ESTA エスタ アメリカ USA]

ESTA 申請取得代行登録 エスタ申請 USA [ESTA エスタ アメリカ USA]

代行料金: 5,400円(税込)

お申込み人数: 名様

ESTA(エスタ)メニュー




ESTA申請(エスタ申請)とは



ESTA(エスタ)申請ページ用マンハッタンイメージ2009年1月12日より査証免除プログラムを利用して米国へ渡航を希望する方全員に対して義務付けられた事前入国登録認証手続き。

正式名称はElectronic System for Travel Authorization:電子渡航認証システム。それぞれの頭文字をとってESTA(エスタ)と呼ばれています。

このESTA(エスタ)電子渡航認証システムは査証免除プログラムを利用して米国へ入国するのに相応しくない渡航者を事前に米国への渡航阻止をするために導入された入国審査管理強化の流れの一環となります。ESTA(エスタ)電子渡航認証が許可されなかった申請者は、査証免除プログラムを使ってのアメリカへの渡航が不可能となり、渡航目的にあったアメリカビザ申請をアメリカ大使館または総領事館宛てに行い、ビザを取得後に渡航しなければなりません。

2010年9月8日ESTA申請受け付け分より米国税関国境警備局はESTA申請者に対して4ドルの手数料と10ドルのESTA(エスタ)認証費用(合計14ドル)のESTA申請手数料の徴収を開始しました。




←よくあるご質問はコチラを御覧下さい




アメリカ ESTA(エスタ)代理申請をご利用いただくメリット

任せて安心

不慣れなお手続きをお客様ご自身で行い、
ご出発当日を不安な気持ちで迎えられるより、
ESTA(エスタ)代理申請は、実績のあるeVisaセンターの
ESTA(エスタ)申請代理サポートを是非ご利用下さい。


安心してご渡航いただくためにも、お客様のESTA(エスタ)申請は、専任スタッフによる迅速・安心・確実サポートで、取り扱い実績のあるeVisaセンターへお任せ下さい。


ESTA(エスタ)申請登録代行お申込みに関しまして


ESTA(エスタ)申請はお客様ご自身で米国税関国境警備局ホームページより申請が可能です。ご自身でESTA(エスタ)申請をご希望の方は米国税関国境警備局ホームページよりESTA(エスタ)申請を行ってください。

インターネットに不慣れでご自身でESTA(エスタ)申請をされることに不安を感じられるお客様、ESTA(エスタ)申請に精通している代行代理店に依頼をご希望されるお客様は当センターのESTA(エスタ)申請代理登録サポートをご利用ください。


下記に該当されるお客様がeVisaセンターの
ESTA(エスタ)申請代理サポートをよくご利用いただいております。

クレジットカード
  • ご自身のクレジットカードを使ってESTA(エスタ)申請料金の決済をされるのに不安を感じられるお客様
  • クレジットカードをお持ちでないお客様
矢印
銀行振込OK
  • eVisaセンターなら銀行振り込みで決済が可能です!
困り顔のおばあさん
  • 英語が苦手でESTA(エスタ)申請書記入などに不安を感じられるお客様
矢印
日本語簡単お手続き
  • eVisaセンターなら日本語だけの簡単お手続きです!
困り顔の主婦
  • ご自身で不慣れなESTA(エスタ)申請手続きを行うことに不安を感じられるお客様
  • インターネットに不慣れなお客様
矢印
銀行振込OK
  • eVisaセンターでは専門担当者がお客様のESTA取得を徹底サポートします!
時間のないサラリーマン
  • ご自身でESTA(エスタ)申請手続きする時間がないお客様
  • 仕事や家事、学業に忙しいサラリーマンや主婦、学生のお客様
矢印
費用対効果no.1
  • 煩わしいビザ申請はeVisaセンターにお任せ!貴重な時間を有効活用でき、費用対効果も抜群です!
飛行機
  • ESTA(エスタ)申請の代理申請実績のある専門代理店にESTA(エスタ)申請を依頼し、安心して出発当日を迎えられたいお客様
  • 安心・確実にESTA申請をご希望のお客様
矢印
eVisaセンター
  • eVisaセンターは過去30万人以上のお客様にご利用頂いております。このご利用実績が信頼と安心のサービスのご提供に繋がっています!

銀行振り込み決済も使える
簡単お手続き!!
3,500円程度(為替により変動)
の格安価格で
不安解消!!

※総額料金にアメリカ税関国境警備局徴収料金が既に含まれています。

ESTA(エスタ)メニューに戻る




ESTA申請(エスタ)代理申請・登録代行料金/お支払い方法


ESTA(エスタ)代理申請料金が実質約3,500円の格安価格!


おひとり様1回のESTA(エスタ)代理申請・代行登録につき
格安の5,400円で代理申請させていただいております。


お支払いいただく上記代理申請料金には既に米国税関国境警備局が徴収する申請手続き料金(US$4)と認可料金(US$10)が含まれております。

お客様が当センターへお支払いいただくESTA(エスタ)申請代理手数料金は総額料金から米国税関国境警備局が徴収する料金U$14を引いた額、約3,500円前後となります。(為替レートにより変動)

決済方法
お支払いは
  • クレジットカード
  • PayPal
  • 銀行振込
からお選びいただけます。

詳細はお申込み手続きの流れをご覧ください。


ESTA(エスタ)メニューに戻る




ESTA(エスタ)代理申請・代理登録お申込みからESTA取得までの流れ


ESTA申請から取得まで簡単3ステップ!!
ステップ1


お申し込み手続き


ご希望のビザ代理申請サービスのお申込手続きに進む


ご希望のビザ代理申請サービスのページから、お申し込みの流れに沿って、お申込手続きを進めて下さい。
お申込手続き完了と同時に
「お申込確認メール」が自動返信されます。
速やかに内容をご確認の上、次のステップへお進み下さい。

メール
ステップ2


オンライン質問書作成


お申し込み確認メールの案内よりオンライン質問書を作成


パスポート番号等をお知らせいただく際に、日本語で作成していただくのがオンライン質問書です。オンライン質問書作成ページは「お申込確認メール」の中でご案内させていただいております。このオンライン質問書が確認出来次第、代理申請を開始させていただきます。 メール
ステップ3


ESTA許可通知書を確認


当センターより送信されたESTA許可通知書の内容を確認


当センターよりESTA許可通知書をお客様へ電子メールで送信させていただきます。ESTAが正しい内容で許可されていることを、お客さまご自身で必ずご確認下さい。間違いなければ後はご出発するのみとなります。お気をつけて行ってらっしゃいませ。

メール


2015年9月13日以前の許可取得分のESTA(エスタ)渡航認証許可 サンプルはこちら
2015年9月14日以降の許可取得分のESTA(エスタ)渡航認証許可 サンプルはこちら
2016年2月24日以降の許可取得分のESTA(エスタ)渡航認証許可 サンプルはこちら

ESTA(エスタ)メニューに戻る




アメリカ ESTA(エスタ)代理申請・代行サポートお申込み対象者


  • ご出発予定日より3日以上時間に余裕がある方。

    土曜、日曜にビザ代行へお申込みいただきましたものは翌週月曜日以降に、日本の祝祭日にお申込みいただきましたものは翌営業日以降のビザ代理申請実施となります。どうぞ時間に余裕を持ってビザ代行へお申込みください。


  • 90日以下の観光または商用目的で査証免除プログラムを使って米国へ渡航希望される日本国籍、韓国籍をはじめとする査証免除プログラム参加国のパスポートをお持ちのお客様。

    ◆ ESTA(エスタ)申請対象パスポート所持者

    日本、韓国、台湾(2008年12月29日以降に台湾外務省が発行した機械読み取り式のICチップが搭載されたe-Passport所持者でPersonal Identification Numberが 記載されている者)、アンドラ、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルネイ、チリ(e-Passport所持者)、チェコ共和国(e-Passport所持者)、デンマーク、エストニア(e-Passport所持者)、フィンランド、フランス、ドイツ、ギ リシャ(e-Passport所持者)、ハンガリー(e-Passport所持者)、アイスランド、 アイルランド、アンドラ、イタリア、ラトビア(e-Passport所持者)、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ共和国(e-Passport所持者)、モナコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、サンマリノ、シンガポール、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、英国(British Citizens Passport所持者)

    (注) 英国のBritish National Overseas パスポート所持者は査証免除プログラムを利用できません。アメリカ大使館(または総領事館)にてB-1 B-2 ビザ申請を行いビザ取得後に渡航いただくこととなります。

ESTA(エスタ)メニューに戻る




ESTA(エスタ)代理申請・代行登録お申込みタイミング


  • ご出発予定日より3日以上時間に余裕がある方。

    土曜、日曜にビザ代行へお申込みいただきましたものは翌週月曜日以降に、日本の祝祭日にお申込みいただきましたものは翌営業日以降のビザ代理申請実施となります。どうぞ時間に余裕を持ってビザ代行へお申込みください。


  • 一般的に米国入国日の2年前よりESTA(エスタ)申請サポートお申込み可能。

    ご渡航が決まりましたら速やかにESTA(エスタ)申請サポートお申込み手続きをお願いいたします。

    もしパスポートの残存が2年未満でそのパスポートを使わず新しいパスポートを使ってアメリカへ渡航される場合には、新しいパスポートを取得してからESTA(エスタ)申請サポートにお申込みください。

ESTA(エスタ)メニューに戻る




アメリカ ESTA(エスタ)代理申請・代行サポートに必要な書類


  • 滞在期間を満たした有効なパスポート
    パスポート原本やコピーをご提出いただくことなくESTA代行申請が可能です。

    ※ESTA(エスタ)申請時に使ったパスポート以外での渡航はできませんのでご注意ください。

  • ESTA(エスタ)申請時のパスポート要件

    帰国時まで有効なIC旅券(e-Passport)または機械読取式旅券(Machine Readable Passport:MRP)を所持していること。

    ※下記要件を満たさない場合、アメリカ大使館(総領事館)にてB-1/B-2ビザ申請並びにビザ取得が必要となります。

    1.2006年10月26日以降に発行された機械読取式旅券 → IC旅券であること
    2.2005年10月26日から2006年10月25日までに発行された機械読取式旅券 →デジタル写真が掲載
      されていること
    3.2005年10月26日より前に発行された旅券 → 機械読取式旅券であること
    4.韓国、エストニア、ギリシャ、スロバキア、チェコ、ハンガリー、マルタ、ラトビア、リトアニア籍
      はパスポートの発行日を問わずIC旅券が必要。
    5.緊急旅券、臨時旅券、外交旅券、公用旅券で90日以内の観光で渡航する場合、それら旅券はIC旅券
      であること。

機械読み取り式パスポート

機械読み取り式パスポートサンプル

e passport(ICチップ搭載)パスポート

e passport(ICチップ搭載)パスポートサンプル

ESTA(エスタ)メニューに戻る




アメリカESTA(エスタ)代理申請・代行にかかる一般的な日数



ESTA(エスタ)メニューに戻る




アメリカ ESTA(エスタ)申請対象渡航地域・期間・目的


  • ESTA申請対象渡航地域

    アメリカ本土、ハワイ、アラスカ、プエルトリコ、米領バージン諸島

    グアム、サイパン、北マリアナ諸島へ渡航される方で、グアム・北マリアナ諸島査証免除プログラム(Guam-CNMI Visa Waiver Program)を利用し渡航される方はESTA申請は不要です。

  • 滞在期間 90日以内

  • 渡航目的 観光・商用・通過目的

ESTA(エスタ)メニューに戻る




ESTA 申請取得代行登録 エスタ申請 USA [ESTA エスタ アメリカ USA]

代行料金: 5,400円(税込)

お申込み人数: 名様

Facebookコメント