犯罪歴・前科のある方のためのオーストラリア観光ビザ申請

犯罪歴・前科のある方のためのオーストラリア観光ビザ申請

代行料金: 32,400円(税込)

お申込み人数: 名様

犯罪歴のあるお客様のためのオーストラリア観光ビザ サブクラス600ビザ申請


任せて安心

休暇、観光、余暇、親族・知人訪問、3ヵ月以内の非公式な就学・留学・訓練受講の目的で渡航を希望されるお客様で、逮捕歴や有罪判決宣告(執行猶予処分も含む)受けたことがある場合ETAS イータス ETA 電子入国許可の申請ができません。

代わりにオーストラリア移民局宛てにe600ビザ申請を、またはオーストラリア大使館宛てにサブクラス600(subclass 600)ビザの申請を行う必要があります。

オンライン申請が可能な日本国籍・韓国籍等のe600ビザ対象国籍に該当される方のビザ申請は、オンラインで申請可能なe600ビザ申請を行います。




犯罪歴のあるお客様のためのオーストラリア観光ビザ サブクラス600ビザ申請料金



お一人様1回の代行につき32,400円となります。


オーストラリア風景

この料金にはオーストラリア移民局(または大使館)へ支払うビザ申請料金は含まれておりません。
お申込み後にお客様に作成いただきます「オンライン質問書」を頂戴しましたら、お支払いいただきます料金のご案内をさせていただきます。

このビザ代理申請サポートはビザ発給そのものを保証するものではないことをご理解の上、ビザ代行サポートへお申込みください。

お支払いいただきますビザ代理申請料金に含まれるサービス内容はこちらをご参照ください。



決済方法

お支払いは

  • クレジットカード
  • PayPal
  • 銀行振込
からお選びいただけます。

詳細はお申込み手続きの流れをご覧ください。




お申込み対象者



  • 犯罪歴・前科歴・有罪宣告を過去に受けたことがあるお客様


  • 休暇、観光、余暇、親族・知人訪問、3ヵ月以内の非公式な就学・留学・訓練受講の目的で渡航される方が申請可能。

    3ヵ月以上の就学・訓練の受講を希望される場合には学生ビザの申請が必要とな ります。

    (※)Acceptance Advice for Secondary Exchange Studentを使って中学高校の正式交換留学プログラムに参加する場合は、期間が3ヵ 月未満であっても学生ビザの申請が必要となります。
    別途お問い合わせください。


  • 最大6ヵ月までの滞在希望者

    滞在可能期間はオーストラリア大使館が総合的に判断し決定しますが、一般的に1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月のいずれかで許可されております。




オーストラリアビザ申請時に必要な書類


書類

ビザ申請のためにご用意いただきます必要書類の詳細は、ビザ代理申請お申し込み後にお客様に作成いただきます「オンライン質問書」の内容を当センターにて精査した上で、お客様に最も適した必要書類をご案内させていただいております。

よって代行料金お支払い前には詳細なご案内は行えません事をご了承くださいませ。






お申込みタイミング



オーストラリア入国日の1年前よりお申込み可能





サブクラス600ビザ(subclass600)申請にかかる一般的な日数


サブクラス600ビザ取得まで1〜8ヶ月

1〜8ヵ月程度

場合によっては更なる時間がかかる場合もありますので時間に余裕を持ってお申込みされることをお勧めいたします。

※航空券等の手配はビザが発給されたことを確認してから手配いただきますようお願いいたします。





ビザの条件



ビザが許可された場合には、一般的に下記にある条件で発給されてます。参考資料としてご覧ください。

  • 滞在中の就労活動の禁止
  • 3ヵ月までの非公式の就学(留学)・訓練受講は可能
  • 発給日から1ヵ月から1年間まで有効
  • 滞在可能期間:1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月のいずれかでオーストラリア移民局またはオーストラリア大使館が決定
  • シングルビザまたはマルチプルビザのいずれかでオーストラリア移民局またはオーストラリア大使館が決定

ビザの条件は個々の状況により異なったものが許可されます。上記情報はあくまで参考資料としてご利用ください。




犯罪歴・前科のある方のためのオーストラリア観光ビザ申請

代行料金: 32,400円(税込)

お申込み人数: 名様

Facebookコメント