お問い合せとビザ相談窓口


mail infomation

当店におきましては、下記のお支払い方法にて決済が可能となっております。

クレジットカード決済 ●VISA ●JCB ●MasterCard

PayPal決済 ●PayPal ●AmericanExpress

銀行振り込み決済 ●ジャパンネット銀行

AMERICANEXPRESSカードでの決済をご希望のお客様へ

お申し込み手続き中の支払い方法選択時に、AMEXカード決済に関してはPayPal決済の枠に組み込まれておりますので、お間違いの無いようご注意下さい。

詳細はお申し込み手続きの流れをご確認ください。


visa infomation

オーストラリアビザの種類・種別一覧


ETAS(イータス)

カンボジアビザ

ESTA(エスタ)

オーストラリアワーキングホリデービザ オーストラリアワーキングホリデービザ


SRSP

eVisaセンターの社会貢献活動


eVisaセンターはJCS Rainbow Projectに永久スポンサーとして協賛しています。
当プロジェクトは、先の震災で平和な暮らしが一変してしまった福島で頑張る子供達に、世界中の人々が応援していることを肌で感じてもらい、シドニーの青い海と空の下で心身ともにリラックスして欲しい…。そんな願いを込めての手作りプロジェクトです。



オーストラリアのビザ ホームeVisaセンター ETAS イータス ETA 電子入国許可通知書のサンプル
オーストラリアETAS イータス ETA電子入国許可メールについて


ETAS イータス ETA電子入国許可の代理取得をさせていただきましたら、下記内容の許可通知書を電子メールでお送りしております。

下記英文部分はビザが許可された際にオーストラリア移民局ビザ申請システム画面に実際に表示された許可内容そのものとなります。そのためお客様ご自身にてビザが正しい情報を元に許可されているかご確認いただけるとあって、安心してご出発日当日を迎えられると大変好評いただいております。

ETA許可通知書サンプル


お願い:このビザ発給許可通知メールには重要事項が明記されております。
このメールの全ての内容を確実にご確認いただきますようお願いいたします。

許可通知のご案内は電子メールでのみ送信させていただいており郵送等ではお送り致しておりません。詳細は下記許可内容をよくご確認くださいませ。




この度はeVisaセンターのビザ申請代行サポートをご利用いただき誠にありがとうございます。

ご提供いただきましたオンラインビザ申請書の情報を元にオーストラリアのETAビザ(ETAS、イータス、電子入国許可、電子ビザとも呼ばれています)の代理申請をさせていただき下記の通り許可取得をさせていただきました。

下記にあります許可内容に誤りがないか必ずご確認をお願いいたします(確認の方法は下記参照)。万が一許可内容に不備等ありますと、オーストラリアへ向けてご出発される航空機への搭乗が認められない等のトラブルが発生いたします。

このメール送信日時から24時間以内にお客様より不備等の連絡・お申し出が特に無かった場合には、ビザが正しい情報で許可されていたものとさせていただきます。


ETAS電子入国許可



`            ETA APPROVAL            04FEB14/1349
FAMILY NAME     EVISA              AUSTRALIAN GOVT
GIVEN NAMES     TARO
PASSPORT       TG0588648   JPN    EXPIRY DATE 07JAN2016
DATE OF BIRTH    18NOV1969  SEX M   COB JPN
TYPE OF TRAVEL    T  TOURIST
ENTRY STATUS    UD/601 ETA
            AUTHORITY TO ENTER AUSTRALIA UNTIL 04FEB2015
            PERIOD OF STAY 03 MTHS
            MULTIPLE ENTRY
            NO WORK - BUSINESS VISITOR ACTIVITY ONLY
ETA APPROVED

下記(1)から(7)の情報に誤りがないか確実に確認いただきますようお願いいたします。万が一誤りがあった場合には、大至急このメールに返信頂く形でその旨ご連絡をお願いいたします。移民局宛てに訂正申請手続きをさせていただきます。

ご確認頂く箇所は7点となります。

(1)FAMILY NAME: パスポート中の姓(苗字・Surname)とスペルが同じか
(2)GIVEN NAMES: パスポート中の下のお名前とスペルが同じか
(3)PASSPORT:パスポート中の旅券番号(パスポート番号)と同じか

(注意)パスポート番号横にあるローマ字3桁はパスポートの国名を意味します。JPNは日本旅券所持者、KORは韓国旅券所持者、USAは米国旅券所持者、GBRは英国旅券所持者を意味します。

(4)EXPIRY DATE: パスポートの有効期間満了日(失効日)と同じか
(5)DATE OF BIRTH: 生年月日に間違いがないか
(6)SEX:性別に間違いがないか Mが男性 Fが女性
(7)COB:生まれた国名に誤りがないか

(本籍地ではありません。生まれた国名です)。日本生まれはJPN、韓国生まれはKOR、中国生まれはCHN、米国生まれはUSA、台湾生まれはTWN、香港生まれはHKGと記載されています。


ETAS電子入国許可の諸条件



▼3ヵ月以内の観光、訪問、親族知人訪問、短期留学、短期商用目的での入国にこのビザ(ETA)をご利用いただけます。

▼就労活動・販売活動・サービス役務提供の禁止

▼ETA有効期限:2015年2月4日オーストラリア入国分まで有効

通常、ETAは許可日から1年間の有効期限が付与されますが、もしお客様のパスポートの有効期限が既に1年未満となっている場合、ETAの有効期限はパスポートの有効期限日と同日までとなります。

▼上記ETA有効期限内であれば何度でも渡航が可能な数次入国ビザ。但し1回の滞在はそれぞれの入国日から最大3ヵ月まで可能。滞在中にETAの有効期限が切れたとしても、そのまま入国日から3ヵ月まで継続して滞在いただけます。

▼3ヵ月までの就学(短期留学、語学学校等への通学)は可能。

▼オーストラリア渡航時及び入国時に結核に感染していないこと。

▼オーストラリア渡航時及び入国時に合計して12ヵ月を超える刑事上の有罪宣告を受けていないこと(執行猶予中のものも含む)。

犯罪の軽微を問わず犯罪歴・逮捕歴・有罪判決を受けたことがある方でETASを使って渡航すると入国時に入国拒否を受ける可能性があるため、ETASでの渡航ではなくe600ビザと呼ばれる訪問ビザの申請を行い、許可を受けてから渡航するようオーストラリア移民局及びオーストラリア大使館査証課で注意喚起をしております。もし心当たりのあるお客様は下記ページをご確認の上、ビザ申請代行サポートのご利用をご検討くださいませ。
http://www.evisa.jp/product/28

▼ビザ取得後のご出発予定日の変更は自由に変更可能。オーストラリア入国時にETAが有効であることを確認し渡航してください。


その他の注意事項



許可されたETAの情報に間違いがないことをご確認いただきましたらいつでもオーストラリアへ向けてご渡航いただけます。
オーストラリアへ渡航する際は今回取得したETAの 有効期限内にオーストラリアへ到着(入国)することを必ずご確認ください。

ETAが許可された際に使用したパスポート以外でのオーストラリア入国は一切出来ません。ETA取得後にパスポートを取り直した場合には新しいパスポートを使って再度ETA申請を行い許可を新たに得てから渡航してください。再取得が必要な際には当eVisaセンターへ是非ご用命くださいませ。

今回許可されたETAは電子上で許可されているため、オーストラリア政府は目に見える形での証明書類を一切発行いたしておりません。オーストラリアへ向けご出発される空港でのチェックイン時及びオーストラリアでの入国審査時には、お客様のパスポートをご提示いただくだけで、各係員が移民局ビザシステムにアクセスし、お客様が有効なETA(またはビザ)を所持していることを確認出来るようになっておりますのでご安心ください。

お客様の控えとしてこの許可通知メール全文を印刷いただき渡航時に携帯されることをお勧めしております。空港でのチェックイン時やオーストラリア入国時にこの許可通知メールの提示を求められることは通常ありませんが、もし求められた場合にはご提示ください。

ご自身にプリンターがない場合、プリンターをお持ちのご友人や職場等にこのメールを転送し印刷いただく等、お客様ご自身でご対応をお願いいたします。当センターからは郵送やファックス等では許可通知のご案内の発送はいたしておりません。

空港でのチェックイン時にお客様が上記の通りビザを取得されているにも関わらず、航空会社システム上ではお客様のビザ取得済みの確認が出来ない又は異なった情報を元にビザが許可されている等のシステムエラーが稀に発生する場合があります。その場合、航空会社職員が下記に明記させていただきましたオーストラリア移民局事務所に連絡を取り、対処方法を確認をすることがルールとなっておりますが、稀に航空会社職員がその手続の必要性を知らず、搭乗手続き時にトラブルとなる場合があるようです。

もしそのような事態が生じた場合には、この許可通知書を航空会社職員に提示いただくと共に、下記移民局事務所宛てに連絡を取りビザをきちんと取得しているが、システム上許可されていない、もしくは違う情報を元に許可されているがどのように対処すればいいか確認するようご指示ください。なおお客様個人が下記移民局事務所へ直接お問い合わせいただくことは出来ませんのでご注意ください。

移民局連絡先事務所

Boader Operations Centre:
Canberra Australia (24 hour, seven days operation)
Phone: +61 1300 368 126 - Airline and other enquiries
+61 1300 368 970 - Seaport enquiries
Fax: +61 1300 368 422
Sitatex: CBRIXCR
Email: eoc@immi.gov.au


また旅行代理店等にETA(または ビザ)取得済みの証明書類の提示を求められた場合にはこの許可通知メールをご提示くださいませ。

それではどうぞお気をつけて行ってらっしゃいませ。
ご利用誠にありがとうございました。

eVisaセンター
オーストラリアビザ代行サポートチーム
info@evisa.jp
http://www.evisa.jp/



■今回のビザ取得体験をブログ、mixi、twitter、Facebook等に書かれてはいかがでしょうか!!!当方ホームページアドレスのリンクを貼っていただくことは大歓迎です。

■Facebookご利用のお客様へ 下記ページにあります『いいね』ボタンをクリックいただきFacebook上のご友人に当センターのビザ代行サポートを是非ご紹介下さいませ。
http://www.evisa.jp/product/5

■ビザ取得の必要なご友人等がおられましたらeVisaセンターをご紹介下さい。

■次回ご利用時のためにも当方ホームページのお気に入りブックマーク登録をどうぞお忘れなくお願いいたします。
http://www.evisa.jp/

■アメリカ渡航時に必要なESTA電子渡航認証の代理登録も行っております。
http://www.evisa.jp/product/40

■カンボジア観光ビザ代理申請も行っております。
http://www.evisa.jp/product/48

■スリランカビザETA代理申請も行っております。
http://www.evisa.jp/product/70

■インド観光ビザ申請サポートも行っております。
http://www.evisa.jp/product/84